一般的な葬儀の時間の目安

葬儀に参列する一般の人は、開式の30分ほど前には式場を訪れ、記帳を済ませて会場内で心静かに待ちます。開式は司会者の言葉に始まりますが、その後お寺さんが入場し、読経を始められ、その途中から司会者が読み上げる氏名順に焼香が進みます。焼香が終わり、お寺さんが退出されるまでの時間は45分程度が目安です。その後、会場の椅子などが片隅に片付けられ、棺が式場の中央に出され、遺族など親しい人の最後のお別れが行われます。お別れが終わると、喪主の挨拶の後、参列者が合唱してお見送りする中、霊柩車に乗せられ出棺となります。この最後のお別れから出棺までは20~30分と言った所で、一般の葬儀の所要としては1時間15分程度が普通です。もちろん参列者が非常に多くて、焼香が長引く場合にはもう少し長くかかる事もあります。

葬儀にかかる時間はどのくらい

最近はお通夜の翌日が葬儀、告別式というにが一般的なりました。そして当日は、この儀式のあとにも、出棺や精進落としなどの流れがあります。当日の流れ、香典を持ってきたら受付で渡します。受付はだいたい、30分前に開始されます。一同着席祭壇に向かって右側に遺族、親族、ひだりがわが一般参列者です。開式の言葉、僧侶の読経、焼香、焼香が終わると僧侶が退席します。喪主の挨拶、一般参列者にたいして感謝の言葉を述べます。閉式の言葉、出棺準備故人と最後のお別れをします。分かれ花、出棺、骨上げ、遺骨法要など。葬儀開始から出棺までの時間はおよそ1時間くらいです。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀にかかる時間について All rights reserved