葬儀は午後の時間帯には行わない

葬儀の流れは、遺族親せきが入場、参列者の入場、僧侶の読経、焼香、挨拶、出棺になります。参列者はここで終わりますが、この後遺族たちは火葬場に向かいます。火葬場は15時に終わることが多いので、それまでに火葬、骨上げを終える時間を考えると葬儀は午後に設定されることはほとんどなく、午前中に開始されることが多いのです。多いのが午前10時から開始し、そこから2時間くらいになります。火葬を済ませ、すべてが終わるのは午後4時から5時になることが一般的です。遺族は悲しみの中、お通夜からお葬式まで故人を偲び、しっかりと見送る義務があるのです。

葬式を挙げる時間帯について

身内が亡くなったら葬式を挙げなければなりませんが、葬儀を行う時間については分からないことが多く困ってしまうこともあります。そのような時にはインターネット等で色々と調べたり詳しい人に話しを聞いたりして、参列者が困らないように十分に対策を立てた方が良いです。ただそれでもよく分からない場合には葬儀会社に全てを任せてしまうと言う方法もあり、そうすれば葬式の時間等複雑な事柄について考える必要がなくなります。大切なことは亡くなった人を弔うためにしっかりと葬式を挙げることなので、その点をよく考えて行動することが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀にかかる時間について All rights reserved