葬儀の多様化について

昨今の葬儀には、様々な種類があります。昔から多く執り行われていた一般葬。この形態は多くの会葬者を集めて盛大に執り行われます。多くの会葬者を集めるため、接待や気遣いを必要とします。その他の形態には家族葬があります。最近多く執り行われています。この形態は、多くの会葬者を集めずに、遺族とごく久しい親族だけで執り行われます。一般の会葬者がいないためその方々への気遣いが不要となり、遺族がゆっくりと故人を忍ぶことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀にかかる時間について All rights reserved